とある在宅のマミーは、自分の夫が嫌いでした

関よしみの「マッドパパ」は、幽霊やバケモノものの架空のものはでてきません。ただし、恐い声明となっていて面白いだ。何ら世にも奇妙なはなしに出てきそうだ。

 

とある在宅のマミーは、自分の夫が嫌いでした。カリキュラム参観会に来ても寝て仕舞うし、お銭湯から裸で出てきたり…。世の中の在宅にいくらでもある話です(笑)しかしその表通りの市長君の手にかかれば、いかなる夫も見間違えるほど優等生になるというのです。その住宅の夫は、その状況に消極的でしたがお子さんのために、市長君の相談に行きました。

夫は戻るって、イメージからまったく違う個人となっていました。優等生だ。市長君の相談をめぐって良かったといった家事は幸せになりました。表通りの夫はきっと市長君の相談に赴き、見間違えるほど変わってきたのです。

但しある日の状況、とある夫が電柱にぶつかっても駆け続けたり、一団でポイ捨てした個人を取り囲むような異常な内容を見せ始めます。パパ達の首筋には、湿布のようなものが張っていました。そこからしだいにお喋りが面白くなっていきます。

 

年齢のマミーは夫の洗濯一品って自分の洗濯物を一緒に洗うのを嫌がったりしますよね?どこにでもありそうな声明からできたアニメなので、怖かっただ。