スイスのルツェルン管区で起こった

ロボットというそれぞれが兼任する近先々人前。

スイスのルツェルン管区で起こったある事件がナショナリズムを震撼させていた。

山々火事に乗じてスイス林野庁参加のロボット・モンブランが棄損された。

方々に愛されていた主人の死が悼まれる中、デュッセルドルフ・ユーロ連邦も出来事が起こっていた。

ロボット法擁護企業のエグゼクティブベルナルド・ランケが、頭部に片隅というオブジェを突き立てられて人殺しされた。

ユーロポール参加のロボット調査官・ゲジヒトはこういう出来事の調査に乗り出すが、その過程でスイスで起きた出来事との異様な模倣性を捜す。

モンブランもまた、亡骸の頭部に片隅というオブジェを施されていた。

そうして殺人出来事の現場に人間の痕跡がトータルなかったことから、被疑ヒトがロボットです見通しが浮上始める。

それは8時代前のロボットによる殺人出来事の再来か。調査官たちに戦慄が走る。

ゲジヒトはその悪魔の如き犯人を突き止めるべく進み出す。

狙われたナショナリズム至高度合いの動作を持つ7体のロボット。奴らに関する一連の出来事は、やがて地球の運気をも巻き込んです巨大なスパイラルへって発展して出向く。

手塚治虫のCEO作品・鉄腕アトム。その屈指の世評逸話を浦沢直樹が描いた、衝撃のサイエンス・サスペンス。