南君の彼女」

「南君の彼女」は、内田春菊さんのマンガで、TVドラマ化もされている品物だ。ハイスクール三年生の堀切ちよみはある日俄然、身長16cmというとてもちっちゃな人間になってしまいます。ちよみ自身には変わりないのですが、何一つリカ様姿のように小さくなってしまうのです。現実にはありえない脚本なのですが、不思議と脚本に入り込めます。ちよみに情緒移入してしまう。ちよみはおんなじハイスクール三年生の南君と同棲します。同棲といってもちよみはちっちゃな見た目のままです。南君はもちろん普通の人体なので、対等の関係ではないのです。ちよみは一人では外に出る事ももちろん出来ません。南君に依存しなければいけない見た目が読んでいて、心的がワクワクしました。現実にはありえない脚本ではありますが、ちよみに情緒移入してしまうと心から他人事とは思えない脚本だ。ちよみの内心を思うと色々な意識が巡って来てしまいますね。終了もびっくりで涙が立ち寄りませんでした。こういうマンガはどんどん牛乳の中に残っていて、記憶に残るマンガとなっています。TVドラマよりもマンガの方があっという間に読めるので、こういう品物に没頭するのも早いですし、読後はこういうマンガの事が頭から離れないくらいに印象的なマンガだ。

ティーンエイジャー輩のタバコ苦しみからひとりでに輩の乱れた食事についての交渉にすり替わっていらっしゃる状態に対して

「でも止めたいと思っているなら君はまだまだタフだよ。都心は近頃、きっと何処に行っても道路タバコもっての外で、たばこの料金だってザクザク高騰してるだろう。但しほぼ現役養育法といったやらの聞こえは良いが、洗いざらい値上がりして規制して、なので一体全体この国が様々になるのか何とか……。僕、次いで様々になるとはどうしても思えない。それより自分は邦人の食べ物の方が遥かにヤバイというんだ。たとえばマクドナルドなどを中心としたファストフードランチタイムや飲食連鎖ランチタイム。これはわれわれの乱れた食べ物を生み出した諸悪の原料です。ではこれらを全滅にしないことには――」「父さん、談話が脱線してるよ」N・HがN・Mを制止するまでティーンエイジャー陣は唖然としていました。「そ、それほど……そんなにっす。否定も是認も結構なんすけど、僕が引っかかるのは禁煙始める産物なんで、前もってそれを教えて貰わないことには、僕みたいなモンのために全然ならないんすよ」厳めしい外見の割に結構的を射た正論を言い放つKを見てN・Hが可笑しがっていました。N・Mは恐らくは談話に夢中になるって、後で本筋から脱線して赴き、そのまま的外れな助言を綿々という吹き込みまくっていらっしゃるジャンルの人材でしょう。ラブリーレッグエピWケアは自宅でムダ毛処理できる